不登校コミュニティしもつま

セルフカフェまどいば案内画像

 

設立のきっかけ

子どもの不登校がきっかけで親の会に参加した時に、
同じ境遇の親同士でつながることで 同じ想いを持っているのは「自分だけじゃない」「一人じゃない」と心強さが得られました。 

その心強さは、困難を乗り越える力になると感じました。 

不登校の子も心配ですが、その親の孤立も心配です。 それならば、経験者である自分が"つながれる場"、"話せる場"を作ろうと思い活動を始めました。

 

この場所の想い 

「まどいば」は集うという意味の「まどい」と「場」の造語です。

 学校という社会と断絶してしまっている子たちが、安心安全な場で子ども同士や頼もしい大人と関わりながら、私はここに居ていいんだ!という感覚を身につけられるように。
そんな場づくりを目指しています。

 

主な活動内容・得意分野

特に決まった活動はありません。 

店内に置いてあるアナログゲームで遊んだり、マンガを読んだり、ネットゲームをしたり。 気が向いたら自主学習をしたり(小学生なら学習のお手伝いできます)。 

近くのWaiwaiドームではバスケやボール遊び、スケボーもできます。 

出入り自由ですので、思い思いの時間を過ごしてください。

<スケジュール>
 10:00 オープン
 11:00~12:00 ひっそりタイム(静かな時間です。集中したいときはこの時間を使おう)
 12:00~13:00 ランチタイム(ランチは各自持参。お湯はあるよ)
 13:00~16:30 フリータイム
 16:30~17:00 片づけ・清掃

 

開催日時

毎月第1金曜日 10:00~16:30

 

開催場所

cafe&studio かふぇまる
〒304-0067 下妻市下妻乙339

 

対象

ホームスクーラー、平日おうちにいる小中高生

 

参加形態

基本的に親同伴で、慣れてきたら小学4年生以上であればお子さま1人での参加も可。

お子さまのお預かりサービスはありません。

 

参加費

基本的に無料ですが、ワークショップに参加する場合は費用がかかります。

 

これまでの活動

2020年8月より 毎月第1金曜日に開設。

 

代表者

谷島弘恵(子どもTo共育ラボ)

 

代表者プロフィール

「魔法の質問」でやる気や能力を引き出す問いかけを学び、
「アドラー心理学勇気づけELM」で人間関係・親子関係を良好にするマインドを学び、
今はそれらをお伝えする講師をしたり、それらを活かした小学生向けの創作サークルを運営しています。

ひとり娘が中1の秋から学校に行けなくなり、中3まで行けそうなときだけ登校するスタイルで卒業しました。

同居の義理父の理解が得られず今に至りますが、うつを経験した主人とアドラー心理学のおかげでそれに囚われることなく、
自分の信念を大切に日々を過ごしています。

子どもTo共育ラボ代表。
魔法の質問認定講師。
魔法の質問キッズインストラクタートレーナー。
アドラー心理学勇気づけELMリーダー。

 

連絡先

メールアドレス tomoiku.lab@gmail.com

 

ホームページ・ブログ等

《ブログ》https://futoukoushimotsuma.hateblo.jp/
《Twitter》 不登校Enjoyチャンネル @SchEnjoy →茨城県西・県南で不登校に役立つ情報を発信 

 

その他お伝えしたいこと

会場のかふぇまるは貸し切り利用ではありません。
まどいば開設中に待ち合わせや休憩に利用する大人がいるかもしれないので予めご了承ください。

2020年8月に始めたばかりの居場所です。
今後利用する方が増えれば日数を増やしたり、ワークショップを用意したり発展させていきたいと思ってます。

 

 

わたしたちの想い

かさま不登校ネットワーク オールユニークのホームページ  かさま不登校ネットワーク オールユニークのフェイスブックページ  かさま不登校ネットワーク オールユニークへメール